第14回キッズデザイン賞「だんだん」紹介ページ

第14回キッズデザイン賞の受賞サイトに「だんだん」保内児童センター・保内保育所の紹介ページが公開されています。ぜひ、ご覧ください。

042_20190509_0868

現在、保内児童センターではコロナ感染防止の対策をしながら子どもたちの居場所づくりが継続されています。児童センター通信を読むと心がほっこりする子どもたちのふれあいストーリーが紹介されていて、うちの娘もこんな場所が欲しいなー。と言っていました。「いつでも」「だれでも」「じゆうに」こんな場所が学校や家以外にあったら子どもは気軽に過ごせますね。「だんだん」の詳細はWorksをご覧ください。

突撃!隣のスゴイ家

7/30(木)夜9時より 突撃!隣のスゴイ家/BSテレ東で「上池袋の住宅」が放映されます。ぜひご覧ください。三角形に近い変形敷地に建つこの住宅は4匹の猫と暮らしを楽しむための様々な工夫を凝らしています。住宅の詳細はこちらよりご覧ください。

内観01(彩度調整)

内観02HP用

「だんだん」保内児童センター・保内保育所がこども環境学会デザイン賞受賞

「だんだん」保内児童センター、保内保育所が2019年度こども環境学会のデザイン賞を受賞致しました。八幡浜市をはじめ、計画、設計、建設に関わって頂いた皆様に感謝申し上げます。2017年のコンペより昨年2月の竣工まで、木構造現しのおおらかで明るい空間、触ってやさしく温もりのある素材や家具、自然を身近に感じられる園庭とこどもの育ちの環境を第一に考えて参りました。至らない点もありましたが、多くのこどもたちが楽しそうに活動しているところを見れたことが何より嬉しく、今後も施設を見守って参ります。「だんだん」の詳細はこちら(ウッドデザイン賞資料)を御覧ください。

「だんだん」は市の原風景である蜜柑の段々畑に囲まれています。01

保内児童センターのエントランスラウンジ。未満児の親子や小学生から高校生まで交流できる場です。04

保内保育所のランチ創作室。天井高さが約6mあるランチ創作室は園全体を見渡せる場所であり、保育室と簡単に行き来ができ、日々異年齢のこどもたちの活動の場となっています。20190311_G1X0658-Edit

UmbreArchitects展 ギャラリートークレポートPart①

去る2019年12月14日にプリズミックギャラリーで開催中の「構の形」UmbreArchitects展に合わせて、建築家の石田敏明さんと藤野高志さんをお招きして、ギャラリートークを行いました。当日は学生から建築家の方、一般の方まで約40〜50人方にお越しいただき、会場も巻き込んだ、楽しくも踏み込んだイベントとなりました。本レポートでは前半のレクチャーと後半の議論を2回に分けてアップいたします。

IMG_6861

トークイベントのテーマは「人と環境をつなぐ建築」。まず前半はテーマに沿って3者がそれぞれの作品をレクチャーしました。

取り上げられた作品は

1:石田敏明さん:浦崎の家〜T2bldg〜O-clinic annex

2:アンブレ・アーキテクツ:「だんだん」保内児童センター・保内保育所

3:藤野高志さん:天神山のアトリエ

 

トップバッターの石田さんは1984年完成の処女作「浦崎の家」から1997年完成の「T2bldg」、2019年完成の最新作「O-clinic annex」まで35年間で建築と環境との関係性をどの様に考えて来られたかをご説明いただきました。「浦崎の家」では「環境を定位する架構」というテーマで、場を規定するグリッドフレームとそこに多様な場を発生させる装置の在り方が解説されました。均質な3.8mグリッドに周囲の環境と呼応するように場の特性を発生させる装置を挿入することで、環境と呼応した場を位置づけることが試みられています。続く「T2bldg」は「生活の記憶としての環境連続体としての建築」がテーマ。商業地域の都市環境においては、高さの変化によって劇的に周辺環境が変化することにダイレクトに反応した建築の在り方が提示されました。「浦崎の家」の均質なグリッドフレームによるある意味では規定された場の作り方からより柔軟に周辺環境に反射的に反応して形づくられる場の在り方が展開されています。そして最新作の「O-clinic annex」では、2006年に完成した石田さん設計の「O-clinic」横に増築された小さな建築が紹介されました。テーマは「不連続統一体としての建築」。キュービックなヴォリュームの「O-clinic」に対して「O-clinic annex」はクロソイド曲線に近い形態をした建築。全く違う建築が不連続な統一体として作る町並みや風景についての試みが提示されました。

FullSizeRender

 

2番手の私達アンブレ・アーキテクツは愛媛県八幡浜市の「だんだん」保内児童センター・保内保育所についてお話をさせていただきました。リアス式海岸の宇和海に面した日本有数の蜜柑の産地である八幡浜で、建築がいかに人と環境を結びつけるかをコンペの経緯から説明しました。「子どもたちの主体的な活動を見守ることができる子育て施設」という私達が設定した子育て施設のコンセプトを、「襞のある平面形式」と蜜柑の段々山の地形と、八幡浜の木造建築遺産である日土小学校の建築言語であるハイサイドライトを組み合わせた「段々型の断面形式」によって形づくった骨格が今回の展覧会のテーマである「構の形」であることを提示しました。

 

IMG_6864

最後の藤野さんはご自身の生物建築舎の拠点である「天神山のアトリエ」についてご説明いただきました。太陽の動き、空気の動き、雨、植物、更には湿度や匂いなど、人を取り巻く生き生きとした環境と人の生をいかに等価に扱うか。それが藤野さんの建築のテーマであるという。「天神山のアトリエ」では、空に開いた(ほぼ前面がガラスのトップライト)4枚の壁があるだけ。床は外部の土が入り込み、様々な草木が匂いの分布でプランニングされる。気象の変化に耳を澄ませ、明日のために深呼吸するように開口部の開閉率の調整を行う。室内の樹木が育ったことで夏の暑さはかなり低減され、まさに自然環境とともに成長し呼吸する器官の様な建築。厳しく、儚く、美しい地球環境と人と建築が一体となった環境について、詩的にそして文学的に語っていただきました。

 

3人のレクチャーを受けて、3者それぞれの環境の捉え方の違いと共通点が見えてきましいた。藤野さんは非常に身近な自然環境をテーマとし、石田さんはもう少し引いた町並みや周辺環境を、アンブレはもっと広域な地形や地域の歴史を環境として捉えていることがわかり、まるでgoogle-earthで拡大縮小をしているような感じでとても興味深いレクチャーとなりました。このあと、3者の共通点を見出した石田さんの発言から議論の口火が切られます。そして最終的には会場も巻き込んだ議論が多方向に展開していくことになりますが、その様子は、後日パート2で報告させていただきます。

 

 

 

BS TBS「ねこ自慢」に「都市の住宅」が放映されます。

都市の住宅がBS TBS「ねこ自慢」12/15(日)11:00〜放映されます。祖母と夫婦、息子の2世帯と4匹の猫のための住宅。保護猫4匹(マル、ポン、しし丸、あられ)はそれぞれの性格。人知れず遊ぶマル、ちょっと鈍臭いポンちゃん、人懐っこいしし丸、強気なマルとしし丸の娘あられ。人も猫も互いに快適な距離をとりながら暮らせるように、RC住宅3階の空間に人と猫の居場所が重なるように作られています。ぜひ、ご覧ください。

都市の住宅の詳細はこちらからご覧ください。

16

LIVES vol.108

ライブス108

11/15発売の LIVES vol.108に奥様のネイルサロンを併設した「七光台の住宅」が掲載されています。サーファーのご主人の居場所と奥様のネイルサロンが特徴の住宅。土間サロンから一直線でつながる家事動線にもご注目ください。住宅の詳細はこちらからご覧ください。

「だんだん」サイン設計の氏デザインがSDA賞に入選!

氏デザイン設計の「だんだん」保内児童センター・保内保育所のサインが第53回日本サインデザイン賞に入選し、四国地区賞を受賞しています。段々屋根の施設の子どもたちが”だんだん”と育っていく様子が変化のあるカラーに現れ、子どもにやさしい丸みのあるサインにデザインされています。サインは誰のため?という問いから、子どもたちが見るサインは子どもの目線に入る高さとし、保育所ではクラスサインをトイレの木壁やタイル色と合わせていただいています。八幡浜らしい「みかんのサイン」は地域性を捉えた素晴らしい提案で、色の合わせ、現場での確認等、丁寧な氏デザインの仕事に感謝するばかりです。

サインについては、氏デザインHPよりご覧ください。

保内児童センターエントランスサイン/氏デザイン撮影26保内保育所エントランスサイン/氏デザイン撮影08丸みのあるみかんのサイン/氏デザイン撮影01框扉のガラス部のサイン/氏デザイン撮影04子どもの視線に入る高さのサイン/氏デザイン撮影06児童センターはオレンジ色のサインで統一/氏デザイン撮影15木の温もりに合うやさしいかたち/氏デザイン撮影16

 

サイン現場01サイン現場02

 

 

 

プリズミックギャラリーにてアンブレ・アーキテクツ展が開催中です。

アンブレ・アーキテクツ初の個展が開催中です。地域性が異なる3つのプロジェクトを1/10矩計図と1/50軸組模型を中心に展示を行い「人と環境をつなぐ建築」について考察しています。私たちは毎週土曜日に在廊しております。展示以外のプロジェクトにつきましては掲載誌や作品集をご覧いただけます。ぜひ、ご来場下さい。

プリズミックギャラリー 開催日時:11/23-12/21(土)平日10時-18時/土曜13時-18時

構01構02構03

「構の形」UmbreArchitects展

この度、青山のプリズミックギャラリーにてアンブレ・アーキテクツの初の個展を開催することになりました。2009年の設立以来考えてきました、その場固有の環境に呼応し、人と環境をつなぐ建築のかたちの在り方について、軸組模型と大きな矩計図を中心に展示をいたします。是非、お越しいただきご批評いただけたら幸いです。展覧会の詳細はこちらをご覧ください。

アンブレアーキテクツ展

2019年度グッドデザイン賞受賞展

グッドデザイン

今年4月に愛媛県八幡浜市に開所しました「だんだん」保内児童センター・保内保育所が2019年度グッドデザイン賞を受賞致しました。つきましては、10/31〜11/4東京ミッドタウンの受賞展にてパネル展示を行います。グッドデザイン賞は工業製品からビジネスモデル、社会活動まで対象が多岐に渡りますので、グッドデザイン展を見たことのない方、デザインに興味のある方はぜひ、お越しください。「だんだん」の詳細はこちらです。

1 2