足場解体

IMG_4140

八幡浜では、ついに足場が外れました。本当にいつもドキドキですが、とても良いスケールでホッとしました。だんだん屋根のリズムが道路側に良い感じで現れていて、周囲の町並みと調和しつつ、存在感のある建築になりそうです。

IMG_4162

IMG_4187

内部でも足場が外れ、空間全体が見えてきました。子どもたちが走り廻るのが楽しみです。

 

照明確認

IMG_4120

八幡浜では、内部足場がある状態ですが、照明と点灯して、明るさの確認を行いました。今回、照明計画は灯デザイン(→リンク)の早川さんにお願いしました。設計時から喧々諤々、意見をぶつけ合いながら進めてきたので、明るさはもちろん、器具の選定や納まりなども納得の出来となりました。照明デザインは様々な要因が絡み合うので、本当に難しいといつも感じていますが、うまく行ってよかったです!

_1030538

保育室はライン照明を天井に埋め込んでもらいました。こちらもとてもきれいに納まっています。電気屋さん泣かせの納まりですね。

 

外壁は下見板張り

_1030540

八幡浜では、外壁貼りが完了に近づいています。みかんの段畑の地形(背景の山にも見られます)と呼応するように、外壁は下見板貼りという工法としました。下見板張は一般的には角の部分には見切り材を入れて施工するのですが、今回は大工さんとも相談しつつ下記の写真の様に見切材なしで収めていただきました。

RIMG6443

大工さんにとってはとっても大変な納まりですが、貼り上がりを見て、この納まりは大正解でした!大工さん、ありがとうございます!

 

内部工事も着々と!

IMG_3995

外部工事と並行して、内部工事も進んでいます。高天井部分は内部足場を組み、まずは上部の仕上げを先行して進めていきます。写真は保育所のランチ創作室という多目的スペースです。約5mの天井高さがあり、子どもたちが食事をしたり、工作したり、様々な活動に使用される場所になります。右側に見えるのは、中庭です。内部に守られながらも、明るく、開放的な活動スペースになりそうです。

IMG_4118

工事と並行して、様々な材料のサンプルもご用意いただき、検討を進めています。写真は保育所の各室に使用するカラー塗装のサンプルです。自然塗料を使用して、微妙な色合いに調整していくのは大変ですが、塗装屋さんにもご協力いただきながらもう一息のところまで来ています。

IMG_4054

保育所は子どもたちの泣き声や大声が響いてしまうと、居心地の悪い空間になってしまうので、天井にはロックウール吸音板を使用します。どんな釘で留め付けるか、サンプルで確認しています。

 

外部工事が着々と!

IMG_3909八幡浜の保育所・児童センターでは、上棟後、着々と外部の工事が進んでいます。そんな中、副市長が視察に現場へお越しくださいました。副市長はコンペの審査委員も務められていました。コンペ後の経緯や現場の進捗など、ご説明させていただきました。木材をふんだんに使用している状況をご覧になって、とても喜んでおられるようでした。

IMG_4015

一方屋根では、板金屋さんが金属屋根の施工を進めています。

IMG_4014

おおよそ370mm幅の板を写真のような専用の治具を使用してかしめて行きます。約2000平米分の屋根を施工するのは気が遠くなりそうですが、皆さん頑張ってくれています!

「都市の家」地鎮祭

IMG_4087

昨年より設計を進めて来ましたRC3階建ての小さな住宅「都市の家」の地鎮祭が先日行われました。道路拡張で小さくなった敷地ですが、代々お住まいのこの地にご家族のみなさんが伸びやかに暮らすことができる住まいを目指しています。

いよいよ建て方!からの日土小学校


IMG_3855

八幡浜では、いよいよ建て方が始まりました。写真は、周囲のみかんの段畑をバックに、大屋根の垂木を取り付けている大工さんたちです。

IMG_3932

構造設計をお願いしている多田脩二さんと担当の深澤さんにもお越しいただき、細かく時間をかけてチェックをしていただきました。写真は保育園の中庭です。ほとんどの柱と梁が現しになるので慎重に確認をしました。

IMG_3881

全景。道路側が児童センター、奥側が保育所です。段々屋根の形が徐々に見え始めてきました。

そして、現場検査のあと、市の担当の高橋さんの取り計らいで、日土小学校に見学に行くことができました。

IMG_3948

IMG_3964

何度来ても本当に素晴らしい学校です。この建物を保存して、きちんと小学校として使い続けている八幡浜市は本当に素晴らしい!子どもたちは皆元気で、すれ違うたびに「こんにちは!」と大きな声で挨拶してくれます。良い建築はおおらかな子供を育むんだなーとしみじみと思いました。

 

木材検査

IMG_3778

先日、八幡浜市保内総合児童センターの木材検査へ行ってきました。特に今回は体育室などスパンが10mを超える部分に使用する特注材が、茨城県鹿島にある中国木材の工場から納品されたとのことでの検査でした。

写真の材料は120×360のベイマツ集成材で長さは12m。長い!

IMG_3781

IMG_3769

含水率計を使用して、含水率をチェック。

IMG_3767

IMG_3771

屋根の使用する30mmの実付合板。すごい量。

IMG_3756

現場の方では、耐圧盤のコンクリート打設が完了し、内部の立ち上がり部分の型枠工事が進んでいます。

IMG_3757

今月中旬から、いよいよ建て方が始まります。楽しみ!

配筋検査・工場見学

IMG_3673

先週、八幡浜保内総合児童センターの配筋検査に行ってきました。保内総合児童センターは保育園と児童センターの複合施設。保育園が約1300平米、児童センターが約700平米。写真は児童センターの配筋検査の様子です。担当は小西建設さん。とてもきれいに配筋されていました。

IMG_3681

こちらは保育所の配筋状況。1300平米の広さの配筋は壮観です。こちらの施工担当は堀田建設さん。いくつかの是正指示をさせていただきました。

IMG_0522

配筋検査はコンペのときからご協力頂いている多田修二構造設計事務所、担当の深澤さん。遠路はるばるお越しいただきました。

配筋検査の後は、松山市へ移動してプレカットの打ち合わせがてら、プレカット工場を見学させていただきました。昔は大工さんが手で加工していた木材も現在は加工機械でデータ入力された形へと自動的に加工されていきます。

IMG_3689

今回プレカットを担当するのは、愛媛県の大手プレカット会社の「愛媛プレカット」さん。大きな敷地に効率よく機械が並べられ、流れ作業で加工が進んでいきます。

IMG_3697

この機械は主に柱を加工するためのものです。柱と梁は加工の形状や木材の大きさが違うため、違うラインで加工されていきます。

IMG_3694

加工が完了した梁。ほぞなどがきれいに加工されています。

IMG_3699

ある程度の加工は機械で対応可能ですが、複雑な継ぎ手などはベテランの大工さんが手加工することになります。大工さんの加工技術はやはりすごい!

IMG_3705

加工が完了した材料はこの様に梱包され、出荷されていきます。プロジェクトごとに整然と仕分けされています。工場はとてもきれいで、ゆったりと機械が配置されていました。愛媛プレカットさんのこの工場は24時間稼働していて、私達の物件の加工も2〜3日で完了してしまうというので、びっくり。

加工よりもその前の加工データの作成にかなりの時間が必要とのこと。加工データは専用のCADでデータ作成専門の女性が終日入力を行っても約2週間ほどかかるそうです。

8月の下旬には保内児童センターの材料が納入されるので、そのときに再度材料検査でお伺いすることになりそうです。

 

 

 

いよいよ着工です!

IMG_3589

昨年10月に最優秀に選んでいただきました八幡浜の保育所・児童センターの設計が完了し、いよいよ工事が始まります。写真は、先日行われた起工式の様子です。八幡浜市長・副市長をはじめ、多くの関係者の皆さまがご出席された中、施工を担当されます堀田建設さんと小西建設さん主催で起工式が行われました。

IMG_3591

起工式に参加して、改めて皆さんの期待の大きさを身にしみて感じ、気が引き締まる思いでした。来年4月の開園の時に、市の皆さんに喜んでいただけるように、精一杯、取り組んでいきたいと思います!

IMG_3594

それにしても6000㎡の敷地は広い!奥に見えるみかんの段畑と呼応するように、段々屋根の平屋の建物がこの場所に建つ予定です。(地元のCATVで放送された起工式の様子はこちらから)

1 2