都市の住宅

敷地は東京都豊島区の木造密集地域に位置し、災害の拡大を防止するため、東京都に指定された特定整備道路に面している。先代から住み継いできた敷地は、特定整備道路の拡張工事の始点に位置し、敷地面積の半分が削られることとなった。(112.47㎡→57.37㎡)

俯瞰図

この都市計画によって半減された細長い変形敷地に、母+息子夫婦+子供一人+猫4匹が一緒に暮らすための住まいを計画することになった。敷地が面する特定整備道路においては、防災上、延焼遮断帯を形成することを目的として、道路に面する建築物は耐火建築物とし、高さを7m以上にすることが条例で求められる。一般的にこのような幹線道路においては、耐火建築物の高層建築が壁面状に連なり、圧迫感のある都市景観を形づくり、道路を挟んだそれぞれの街区同士の関係性は断絶してしまう。

防火遮断帯

本計画では、上記条例の除外規定(7m未満の部分の面積が建築面積の1/2以下かつ100㎡以下のであれば当該部分は適用外となる)を有効に活用し、風や視線の抜けを確保し、スケールを調整して、変化のある町並みとすることを目指した。

まちなみ

 

母、息子夫婦、子供、猫が都市の変形敷地に一緒に暮らすために、さまざまな工夫をおこなっている。建物は都市計画の条例によりRC造の3階建てとしている。母は植物を手入れしたり、近所の友人とお話したりと活動的な暮らしをしていることから、専用の出入口を設けた1階で暮らし、息子世帯は1階〜3階までを使って暮らす。猫は母の部屋、夫婦の部屋、子供の部屋には入ることができないが、それ以外の共用部で、人の暮らしと猫の暮らしを等価に計画することで、異なる世界が重なりあう。人と猫がそれぞれの世界に独立性と関係性を持ち合わせた住まいである。

プラン

猫プラン

21

RCのベンチが設けられたアプローチ空間。雨の日にも濡れずに出入りすることができます。

 

 

03

1階玄関。コンクリートの螺旋階段が特徴的。家具や扉はラーチ合板。隣地側に設けた光庭からの採光で明るい玄関です。

 

 

06

玄関奥からアプローチ空間を見る。

 

 

01

1階母の部屋から階段スペースを見る。光庭に面した母の部屋はキッチン、トイレ、洗面器などが設けられています。道路側まで視線が抜けて拡がりを感じることができます。

 

 

07

2階子供の部屋。子どもの部屋は一部が吹き抜けになっていて、天井高さに変化のある空間です。採光や通風にも効果的です。

 

 

10

コンクリートの螺旋階段室。手摺に設けられた棚は猫の居場所。

 

 

11

2階リビングには3階へ上がるためのコンクリートの片持ち階段があります。猫たちのお気に入りの場所になっているようです。

 

 

12

2階リビングから子供の部屋方向を見る。2階も光庭方向に開口を取ることで、1日中明るい空間です。3階への吹き抜けもあり、様々な方向へ視線が抜け、立体的な拡がりを実現しています。

 

 

13

キッチンからリビング方向を見る。

 

 

16

3階ブリッジ。正面には屋上テラスがあります。屋上テラスは子供の部屋の吹抜け部分のヴォリュームに囲まれているため、安心感があります。手摺に設けられた棚、収納から飛び出した棚は猫のためのもの。

 

 

17

夫婦の部屋からブリッジ方向を見る。収納家具を天井までとしないことで、天井がつながり、拡がりを確保できます。

 

 

18

2階リビング。立体的な構成と開口部のとり方によって都市の小さい変形敷地において、拡がりのある明るい住まいを実現しています。人の居場所と猫の居場所を等価に計画した都市型住宅です。

 

 

建築概要

所在地東京都豊島区

用途住宅

構造/規模RC/3階

敷地面積57.37㎡

建築面積34.86㎡

延床面積75.63㎡

竣工年月2019.08

構造設計多田修二構造設計事務所

施行幹建設

写真山岸剛