角の塔

板橋区にある木造3階建ての店舗兼用住宅。敷地は活気ある商店が並ぶ旧中山道と直行する王子新道沿いにあり、通りには昔ながらの住居付き店舗(飲食店や美容室、漬物屋)が残っているものの、多くは専用住宅に建ち変わっている。施主は50代のご夫婦で定年後に住み慣れた地元で飲食系の店舗を開く計画をしており、1階に店舗、その他はお子さんと放し飼いのインコと住む住居を希望された。敷地形状が隅きりのある三角形であるため、各フロアの平面形と空間を最大限有効に利用できるように内部に耐力壁を出さずに外部周りに筋交を利用した耐力壁を設け、一部開口に掛かる筋交は現しにし、燃え代設計により柱梁を現しにしている。内部には1階から塔屋まで2本の現しの柱が出てくるが、各フロアの空間とバランスをとるように150角→125角→105角と柱寸法を上階になるにつれ細くしている。住居部分は1フロアの機能を整理して間仕切り壁を少なくし、各スペースが階段に取り付くことで、コンパクトに空間がまとまりながら全体が緩やかにつながっていく空間としている。

1階の平面は敷地をトレースした形としながら2階、3階と上がっていくにつれて面積を小さくし、道路の隅きりがある2階東南角と3階西南角に小さなテラスを作ったことで2階から3階の導線空間に入隅がなくなり、なめらかに上階に上がっていく感覚が得られる。この小さなテラスは2階は人が出られる1畳のテラスと、3階は植物を置ける半畳のテラスであり、1階店舗の上部に人の暮らしが見えることで建物の外観が豊かになることを想定している。最上階の棟屋から北側に出られるようにしたのは、北側が2階建の住宅が建ぶ地域で視線が遠くまで抜けるためである。絶えまなく人が行き交う2方向の道に面することから、遠くから店として認識されるように隅きりの角に庇を回し、角に向かって段々と高くなっていく形として隅きり面に存在感を持たせ、店舗としての構えを建物全体で特徴付けている。

 

20210415_78A0360南側外観。1階店舗と2階、3階住居のデザインを統一して全体で店舗としての存在感を表している。

 

20210415_78A0387-Edit2階住居のLDK。ごろっと寝転んだり、ちゃぶ台を使用して床に座るため、リビングをキッチンから1段上げて小上がりのようなスペースとしている。

 

20210415_78A0422-Edit吹抜けのある2階リビングから北側方向を見返す。燃え代設計により柱梁を現しとし、天井の強化石膏ボードは素地の仕上げ、床と家具はラーチ合板に自然オイル塗装を行っている。

 

20210415_78A0852-Edit2階から3階の階段方向とキッチンを見る。3階の踊り場は南西角の植栽テラスに面し、ワークスペースとなっている。

 

20210415_78A0499-Edit3階踊り場から2階リビングと階段、3階主寝室を見る。2階リビングの上部が主寝室レベルより1m高い子供室。放し飼いのインコは2階と3階を自由に飛んでいる。

 

20210415_78A0632-Edit3階の主寝室から1m上がった高さにある子供室を見る。

 

20210415_78A07081階の店舗内部。150角の柱が空間づくりのきっかけとなる。

 

20210415_78A1165-Edit外部夕景。2方向に回る庇と隅きり部分に向かって段々と上がっていく外観が店舗としての構えとなっている。

建築概要

所在地東京都板橋区

用途店舗兼用住宅

構造/規模木造3階

敷地面積62.66㎡

建築面積40.87㎡

延床面積103.24㎡

竣工年月2021.06

構造設計多田修二構造設計事務所

施行東山工務店

写真鈴木研一