駒場東大前のリノベ

築40年の中古マンション1階のスケルトンリフォームである。解体前は、暗い中廊下の3LDKであったが、最大の特徴は、西南側の四季折々の樹木が楽しめる約130㎡の専用庭だった。新しい計画は、庭にあこがれて部屋を購入されたご夫婦のために、庭を最大限内部に取り込めるように各部屋を配置し、玄関周りに全ての収納をまとめた。また、ペットが自由に動けるように、寝室の引き戸を開けることで全体が回遊性のある一室の大きな空間となるようにした。お料理好きなご主人のためのキッチンとお風呂好きな奥様のための浴室を南側の庭に配置し、暗くなりがちな水廻りを明るく風通しのいい場所にすることでお施主様のご希望に応えた気持ちのよい家になったのではないかと思う。

 

横野邸HP用図面

 

05

 

03

 

06

 

04

 

建築概要

所在地東京都世田谷区

用途住宅

構造/規模SRC造13階建ての1階部分

延床面積79.47㎡

竣工年月2013.06

施行東山工務店

写真平林克己