羽沢の住宅

練馬区の家族4人のための専用住宅である。敷地周辺は邸宅が残る閑静な住宅地であるが代替わりで大きな土地が分割されて新しい住宅が建ち始めている。周辺事情と同様に本敷地は2分割された土地の北側で東西方向に奥が深い形状であり、将来は南側隣地に接近して住宅が建つことが予想された。施主は30代のご夫婦でお子さん2人。暮らしのご希望の大きな特徴は、エントランス空間はただの玄関でなく家族会議をしたり、お子さんやお友達に勉強を教えたりする空間=セミナースペースとすること、ご主人が時間に関係なく仕事ができる専用スペースを設けることであった。この様なご要望に答える為に、1階は道路側の東から敷地の奥側である西へ向かってパブリックからプライベート性の高い空間へと変化する平面構成を採用した。また、約20mある細長い敷地形状においては、南側隣地に住宅が建った際にも豊かな採光や通風などの住環境が変わらないように敷地の中央に中庭を設け、2階部分は分棟形式として南北方向の壁を1階よりセットバックさせている。

断面・構造形式は1階がRC造、2階が木造の混構造としている。それは、シェルターの様に家族を守ってくれる安心感のある住まいの実現とコストバランスを検討した結果である。仲の良いご家族であることから、どこにいても家族の気配を感じられように平面的に東→西へと連続的に空間がつながる構成を1階→2階の断面方向にも採用した。東棟と西棟にそれぞれ吹抜けを設け、さらにRCの天井スラブ面を必要最小限とすることで2階の床を構成する木造の梁がRC梁の上部に現れ、空間的にも構造的にも断面方向に連続する住まいとすることができた。

お引越し後、道路側の東棟にお子様のお友達が遊びに来たり、エントランス空間で家族会議をしたりと開かれた性格の東棟は大活躍。2階部分は、道路側の東棟をご主人さまのワークスペース兼寝室とし、落ち着いた環境の西棟を奥様と小さいお子様のスペースとしている。リモートワーク時にご夫婦が中庭でお昼を食べたり、東棟でリモートワーク中のお父さんに中庭を介した西棟からお子さんが声がけしたりと家族間で適度な距離感を楽しんでいるとのこと。

都心部に見られる間口が狭く奥行きが長い敷地では、パブリックからプライベートへと移り変わる空間は暮らしとマッチしやすく、施主の思い描く生活とぴったりであった。また、2階部分を中庭を挟んだ分棟にすることで家族間の距離感や音問題を解決でき、コロナ時代の様々な生活様式に柔軟に対応できる住宅となったのではないかと考えている。

20210426_78A2484-Edit

南側隣地からの外観。現在はすでに隣地住宅の建設が始まっている。1階はRC造、2階は分棟形式の木造。

 

20210426_78A2470-Edit

エントランス空間は土間仕上げ。2階へとつながる吹抜け空間で上部の開口から朝日が入る。正面の下駄箱家具にはお施主様が選ばれたガラス製のホワイトボードが設置され、家族会議(登山の計画を立てたり、勉強を教えりetc.)に大活躍。

 

20210426_78A2400-Edit

リビングからエントランスを見る。ベンチタイプの本棚には絵本が入る予定。近所のお子さんを集めて絵本の読み聞かせをしたり、様々な使い方のできるリビング空間。

 

20210426_78A2456-Edit

リビング空間の上部はご主人さまのワークスペース。RCの専用階段を設置。

 

20210426_78A2519-Editリビングから中庭を介して西側を見る。中庭にはコンクリート庇とベンチが設けられている。ダイニングスペースへは中庭北側にあるギャラリースペースを通ってアクセス。ギャラリースペースには白い壁が設けられ、お子様の絵を飾る予定。

 

20210426_78A2785-Edit

西側のダイニング・キッチンスペース。上部には吹抜があり、2階の子ども部屋とつながる。

 

20210426_78A2757-Edit-Edit

キッチン横には奥様専用のワークスペース。中庭を介してリビングスペースは見える。

 

20210426_78A2631-Edit

敷地の西側奥には浴室空間を配置。

 

20210426_78A2547-Edit

東棟2階のワークスペース。中庭を介して東棟が見える。

 

20210426_78A2813-Edit

西棟子供部屋から東棟方向をみる。子供部屋の中庭側には子ども専用の勉強スペースを設置。

 

20210426_78A3121-Edit

中庭スペース。現在地面にはダイカンドラが育ち一面緑。RCのベンチでお昼をたべたり、家族専用の外部空間。

建築概要

所在地東京都練馬区

用途住宅

構造/規模RC造一部木造2階

敷地面積116.03㎡

建築面積63.75㎡

延床面積96.16㎡

構造設計多田修二構造設計事務所

施行幹建設

写真鈴木研一