代々木上原のリノベ

築33年の中古マンション3階建ての最上階のスケルトンリフォームである。構造が壁式構造のため、スケルトンになった室内は2枚の躯体壁によってはっきりと3つの空間に仕切られていた。施主は家全体が見晴らしのよい空間になることを希望されており、また、片付けのしやすい収納が必要であったため、雑壁は極力つくらずに物を収納する家具を置くことによって、全体をゆるやかにつなげながら、それそれのスペースをつくる計画を提案した。空間をシンプルに広く見せたかったため、仕上げの種類を減らし、躯体の壁2枚は左官仕上げ、躯体壁と同方向の界壁は鮮やかな色で塗装することによって、壁がレイヤのように重なって見え、家の端から端までを感じられる奥行きのある空間となった。

 

HP用平面図

 

0107

08

0203

09

建築概要

所在地東京都渋谷区

用途住宅

構造/規模RC造3階建ての3階部分

延床面積72.00m²

竣工年月2013.08

施行東山工務店

写真川辺明伸